Tag: 有袋類 カンガルー

カンガルーの肛門とペニス

 また衝撃的なタイトルですが(笑)、引き続きカンガルーの研究です。
 前回までで、カンガルーの場合(たぶん有袋類の場合)、「睾丸とペニスの位置が有胎盤類と逆である」ということが分かりました。
 今回はそれを確実に撮影しようということで、豊橋市の「のんほいパーク」へ出かけました。

 まず、オスのカンガルーの結果をアニメーションでお見せしましょう。

オスカンガルー

 どうでしょうか。肛門の前にペニスがあるということですね。しっぽの付け根の膨らみにペニスが収納されていて、その隣のしっぽ側に肛門があるということです。

 今度は1枚ずつの写真でお見せしましょう。

 これは睾丸が垂れ下がった状態。
睾丸
 逆光で美しいですね(笑)。もちろん光も計算してますよ。
 

 ペニスが出るときは、睾丸は引き上げられているようです。「睾丸の後ろにペニスがある」ということがおわかりでしょうか。
ペニス
 

 そしてこれは糞をする様子の連写!ペニスの後ろ、つまり尾に近い方に肛門があります。このときは睾丸は体に密着してますね。
 つまりカンガルーでは「睾丸ーペニスー肛門」という順番です。
有胎盤類(つまり私たち)では「ペニスー睾丸ー肛門」の順ですね。
1

{2};

3

4

5

 肛門はしっぽ側っていうことが分かります。

 今度はメスです。袋に子どもが入っている個体がいました。
メス1

メス2

メス3

 これもオスと同じ位置に肛門ですね。
もちろんペニスはありませんので、出てきません。赤ちゃんを産む産道があって、ここに尿道も開口しています。

 同じ哺乳類の仲間ですが、私たち有胎盤類とはちょっと違う有袋類。なかなか興味深いですね。